理念 すべては吹田の未来を取り戻すために。

トップページ>理念

政治信条

理念

世界にひらかれたまちSUITA 50年前の過去の話なのか。

「人類の進歩と調和」 世界に向けたメッセージ発信地としての誇り。

アジアで初めて万国博覧会が開かれた1970年頃「世界から最も注目をあびるまち」がありました。

私達が愛する吹田市です。あれから吹田に、たくさんの会社やお店ができて、江坂の土地価格の上昇率が全国のトップクラスになるなど、それはかなり新しくおしゃれで、ステキな吹田市が創られていきました。当時から我がまちは、幸運な環境にめぐまれ、日本で最も可能性のあるまちと言っても過言ではなかったのです。

可能性を持ったまま衰退 想像力は創造力である。

誰の責任とかではなく、投票に行った人たちが選んだ未来。

ところが、ご多分にもれず、吹田市は衰退の一途をたどり、財政非常事態宣言をしなければならないほどの、たいへん残念な吹田になってしまったのです。あたり前の話ですが、吹田は誰かが勝手に創ってきたのではありませんし、近年の政治が描いた「青写真・ビジョン」以上にステキなSUITAになることもありませんでした。想像力の限界が創造力の限界でありますので、近年の政治が描いてきた「青写真」からもたらされた結果が今現在の状況だということです。さて、ここで忘れてはならないのが、その「青写真」は誰によって決定づけられたものなのか!ということ。現在の民主主義のルールにおいて、それは投票に行った人が選んだ未来であったということです。もうひとつたいせつなことがあります。投票に行った人の内、すでに持っている自分の特権を守ろうとする人や、組織や団体の利益を守ろうとする人たちは、毎回ちゃんと投票に行って利益を守ってきました。それは当然の行動としてです。そして、投票に行かない人が多ければ多いほど、その利益は確実に守られていきました。なぜなら、政治家は、なにより選挙が怖いので、毎回かならず投票に行く人や、組織や団体に媚びて、応援してもらうかわりに、その人たちの得になるようにがんばってきたからです。これは政治家が市民の代表ではなく、投票に行く人の代表になっているということであり、そのしがらみの中で吹田の「いびつな青写真」を描いてきたのです。ちなみに前回の市長選挙・市議会議員選挙の投票率は50%にも達しておらず、有権者の半分の思いは、なんらかの意図で活かされないままになっています。そして、私がなにより気がかりなのは、投票することができない子供たちの願いが届いていないように思えてならないことです。

吹田の未来を取り戻そう! 選択権のない子供たちの思いをのせて。

再び世界に通じるまちへ

なんとラッキーなことに、吹田にもう一度チャンスが訪れようとしています。オリンピックの開催も決まり、世界の大きな流れが日本を含む東アジアにきています。日本経済の復興だけでなく、日本の精神性や伝統文化が世界の安定のために活かされる歴史的な大転換期であると思うのです。強運を持つ吹田魂に再び火がともる時がきたのです。アジアで初めて万国博覧会が開かれ「世界から最も注目をあびたまち」吹田だからこそできる「まちづくりの扉」を開き、元々わたしたちの吹田が描いてきた「本来の青写真」を取り戻す時がきたのです。その扉を開く鍵は、「未来を選択する投票」にしかないことを、私は訴えます。投票権を持っている約28万人すべての人が、投票したくてもできない子供たち約8万人の願いも合わせて、「それぞれの私の未来」をちゃんと選択して欲しいです。50年ほど前に、未来のわたしたちに向けて、「世界にひらかれるまち吹田」を選択してくれた人たちに敬意と感謝の念をいだきつつ、今できることを、とことん、やります!

すべては吹田の未来を取り戻すために。

ページの先頭へ戻る

  • 寄付のお願い
  • facebook

INFORMATION

【緊急のお願い!!】

石川勝個人演説会を開催致します。
お知り合いの方をお誘いの上、是非ご参加下さいませ。

●石川勝個人演説会● 

日時:4月25日(土)
午後4時30~5時30分
受付:午後4時00分から
場所:豊一市民センター
   吹田市垂水町1-53-7(2015.04.23)