石川勝の誕生から現在までを紹介します

トップページ>ご挨拶

様々な業種を経験し議員へ!しかし大きな壁に・・・。

誕生から今まで

私は、島根県生まれの父と岡山県育ちの母のお力で、昭和43年8月3日にこの世に生を受けました。父は貧乏な農家で育ち、中学卒業後大工の道で厳しい修業を積み20代前半に大阪で起業するに至りました。

当時の建築業界は大盛況で多くの職人さんたちが父のもとで働いており、私はそんな多くの職人さんと一緒に父から人間道を仕込まれつつ、中学校ではバレーボール部に、高校では帰宅部に、大学では不動禅拳法部に所属し、時代の象徴ともいえるような学生時代を歩んできました。

大学3回生の時、将来の自分のあり方を考えるようになり、バブル経済の絶頂期を知る私は、「とにかくお金が必要だ」と思い、当時お世話になっていた不動産会社の社長の勧めもあって宅地建物取引主任者の資格を取得して不動産業界への進出を夢見ておりました。その後の出会いによって不動産業界・保険業界・建築業界での仕事を経験しつつ、この間多くの仲間と共に様々なまちづくり運動に携わってきました。

これらの経験をいかして38歳で吹田市議会議員に初当選しました。

しかし、吹田のポテンシャルが活かされていない行政運営に黙っていることができず、2011年の吹田市長選挙に出馬するも、私の力不足により落選。

その後も、市長選挙で訴えた「つよい人をつくる」「地域の経済を豊かにする」活動を展開し、特に大学生と企業と共に数々のプロジェクト http://tbp-japan.com/ などを展開し、現在に至る。

政治的には、私の後継候補として出馬し当選を果たした後藤恭平議員と足立将一議員をはじめとする吹田新選会の活躍により、その後の4年間で吹田市行政を厳しく監視し続けています。

吹田市議会議員 石川勝

石川勝の思い

原点は青年会議所運動にあり

街頭イベント

24歳の時、「自分のビジネスネットワークを広げ、お金を稼ぎたい」と思って参加したのが青年会議所運動です。しかし、この運動に参加するや否や、私の目論見は一瞬にして消え去りました。

「ビジネスの話はするな!」「社会に受け入れられるためには、先ずは自分が社会のために何ができるのか!を考え行動しなければならない」「そうすれば、勝手にビジネスにもつながる」と先輩から強く指導を受けたのであります。

この経験によって、それまで私の心の奥に眠っていた公共心や使命感が一気に湧き出てきたのであります。以降16年間、休むことなく、大切な時間とお金を使って、この運動に関わって参りました。

さて、私が青年会議所運動や地域の活動にかかわる中で見出してきた「まちづくり・ひとづくり」の共通点は、「さまざまな意見の対立こそ重要であること。徹底した本気の議論があるからこそ、それを乗り越えつつ、良かれと思う方向で調和が図られ、安定した状態が築かれるのだ」ということでありました。

しかし、議員になって初めて知った議会の現実には戸惑いを隠せませんでした。普通の組織の物差しでは計られない、独特の力が働いていたからです。

イベント

例えば、政治家同士が意見をぶつけ合う場面は殆どなく、私も含め「みんな言いたい放題」。そこには、より良い果実を生み出す力が働くわけではなく、結局市長から提案されたことが、無意味な力と数によって、流れ作業のように決まっていくのです。

大きな危機感と同時に、自分の力の無さに落胆致しました。たぎる思いを胸に政治の世界を志して議員になってみたものの、議会や行政の現実を前に躊躇の気持ちが芽生え、初心を失いがちになりました。

しかし、私に与えられた使命は、与えられた状況の中でどうすれば物事を前に進めることができるのかを考え、打開していくことであると感じ、先輩議員や全国の政治家達に自分の思いを説き、意見を聞いていきました。
その結果、ほとんどの議員の心に、「このままではあかん!」と感じる公共心や使命感が眠っていることを知りました。

多くの政治家が「大きな危機感を抱いている」にもかかわらず、大切な議論がなされずに、ただ時間だけが過ぎ去っていき、確実に未来にツケをまわしてる。こんなに沢山の「変えようとする心があるのに、なぜ変わらないのか!その答えの担保を取るために、我々は平成の志士との出会いを求め、「龍馬プロジェクト」の旅に出たのであります。

われわれが目指すのは、それぞれの議会内に単なる数の力を作り出そうということではありません。あくまでも超党派で、将来の日本のあるべき姿を描き、その為の具体策について是々非々の議論ができる仕組みを作っていくことであります。

インターン生と

つまり、議会で意見をぶつけ合うことによって「責任ある方針」を生み出し、市長部局と闘う「本来の二元代表制」の実現や、来るべき地方分権を、しっかり預かることのできる強い基礎自治体づくりなど、世界に通じる新しい仕組みを構築していかなければならないと思っています。
私がこのような思いに至った原点は、冒頭に記した青年会議所で培った経験にありまして、この運動は、「私の人生そのもの」と言っても過言ではありません。

沢山の仲間と汗をかき、いくつもの事を成し遂げた過程では、本気で喧嘩をしたり悔し涙も流しましが、日本の未来を想像してワクワクする思いを抱き、共通の目標に向かってど真剣に進んできた事で、社会における自分の存在意義を見つけるに至ったのであります。

輝け!日本の未来

その為に、吹田で地に足のついた活動を展開する

今後、政治の混乱は本格化し、日本が厳しい状態に位置する時がやってきます。
そのときに備え、いろんな壁を乗り越える為の「志と覚悟」を持った集団を全国各地にはりめぐらせておかねばなりません。
そのためには、先ずは政治家同士が、ひざを突き合わせて話をし、「この人とだったら一緒に国を守り育てていける」と思える関係をつくるべきだと思っています。

私は、その為に日本全国をまわって一人ひとりと魂レベルの交流をしていきます。
気づいたからには先ずは行動!自ら実際に足を運ぶからこそ確信できることがあるのです。それは、行動した者にしか解らないものであり、どれほど言葉を並べても説明できない「時代的使命と己の存在意義」なのです。そう同志たちが教えてくれました。
龍馬プロジェクトを通じた同志との出会いが、私の人生を大きく変えました。

現代文明を超える共生文明の創造と、その先駆けとなるよう日本を改新するために、私は一回限りの人生を、歴史の大舞台に上げ、「狂挙」に生き抜くことを誓います。

ページの先頭へ戻る

  • 寄付のお願い
  • facebook

INFORMATION

【緊急のお願い!!】

石川勝個人演説会を開催致します。
お知り合いの方をお誘いの上、是非ご参加下さいませ。

●石川勝個人演説会● 

日時:4月25日(土)
午後4時30~5時30分
受付:午後4時00分から
場所:豊一市民センター
   吹田市垂水町1-53-7(2015.04.23)